エコロビームとは

ecoro-kouhou1エコロビーム工法は、重曹・水・圧力(高圧)・温度(高温)の4つの要素を、巧みな職人技で温度・圧力・濃度を適切に調節して、しつこい汚れを洗浄除去する環境にやさしいエコな新工法です。
外壁の汚れ、壁の落書きや張り紙、温泉施設の黄ばみや白華現象、墓石のコケやカビなどの様々な汚れに対応可能です。
薬品を使用していた在来工法では、洗浄している周りの植物や生き物に深刻なダメージをもたらす副作用がある為、どうしても使用範囲が限定されがちでした。
しかし、エコロビーム工法では、食品にも利用されている重曹以外の洗剤と言われる添加物は使用しません。施工後の匂いや環境汚染、人体への悪影響は一切なく安心でエコな工法として山梨県で生まれました。

エコロビーム工法は、水をスチーム(高温・高圧)にして重曹をエアーで噴射し、塗膜やサビ、油膜の汚れ、臭いを研磨除去する新しいクリーニング工法です。
従来から有るサンドブラスト工法では、水圧と砂による研磨除去工法の為、母材のコンクリートやレンガなど素材を傷付けてしまいます。エコロビーム工法では、100%安全で環境負荷が低い重曹(モース硬度2.5)を使用し、とても柔らかく、母材の表面を傷つけることが殆ど無く、多孔質材の奥まで入り込んだ汚れも除去できます。

また、その他の従来工法では、薬品の影響で母材の周りにある樹木や土壌に洗浄水が触れないような汚染防止処置が必要です。その為、お客様へのコスト負担も発生していました。

「エコロビーム工法」は噴射した水(スチームと重曹)が植物にかかっても枯れることはありません。弱アルカリ性で、酸化、除菌、消臭効果もあり、環境に優しいクリーニング工法、それが「エコロビーム」です!

問合せ

沸騰ワード10(2015年10月30日放送)
沸騰ワード10(2015年12月18日放送)
ページ上部へ戻る